トリキュラーは短期間に使う救急避妊薬ではない

近年、我が国においても、低用量ピルが解禁となったことを受けて、副作用のリスクを減らしながらピルが服用できるようになったので、毎日の生活習慣に取り入れ始めている女性も増えているようです。
それまで日本で処方されていたピルは、ホルモン量も多かったので、吐き気や頭痛、体重増加やむくみなどの副作用も多く、飲むと体調が悪くなってしまうという方も少なくありませんでした。
しかし、今主流となっているトリキュラーのような低用量ピルは、ほとんど副作用が見られないので、安心して服用できている、という声が聞かれています。
この低用量ピルは、毎日決まった時間に忘れずに飲むだけで、百パーセントに近い確率で妊娠を回避させることができるので、避妊を男性任せにして、精神的に不安な日々を送る必要もありません。
日本でポピュラーな避妊具であるコンドームは、男性側が装着する避妊具ですが、装着すると感度が鈍るなどの理由から、膣外射精をしたり、射精時だけ装着するなどという間違った使い方をしている方も多く、このような使用方法のミスで、望まない妊娠をしてしまい、危険な中絶手術を受けている女性も少なくありません。
また、正しく装着していても、途中ではずれてしまっていたり、破損していることに気がついたり、思わぬミスで最悪の事態に陥ってしまっている女性も多いです。
しかし、このような救急時に使用するピルもあり、トリキュラーとは違ってホルモン量の多い中用量ピルですが、短期間服用すれば妊娠を回避させることが可能となります。
その確率は、毎日低用量ピルを服用している場合ほど高くはありませんが、膣内で射精後、七十二時間以内に服用すれば、避妊を成功させられるといわれています。